講師紹介

青木 正夫 プロフィール

青木正夫

  • 長年に亘り絵本研究と、その専門指導に関わる。
    現在執筆中の「絵本の考え方と表現」をテキストとして学習する。
  • 著書に「表現技法の基礎Ⅰ」「表現技法の基礎Ⅱ」「構成研究」(いずれもアトリエ社)「材料組織と歴史」連載(月間イラストレーション:玄光社)
  • 画家 東京芸術大学卒業 武蔵野美術大学名誉教授

※門下生として多くの絵本作家を輩出し、ボローニャ国際絵本原画展に入選へと導く。

講師より

絵本づくりの最も大切なことは、何を(メッセージ)、誰に(対象者)、どの様な視覚表現(物語を適切に伝える絵画表現)で伝達し、つねに読み手から共感を得られるよう心掛けることにあります。
そのためには、絵本づくりに必要な多くの情報、造形要素をカリキュラムに沿って学習し、個々の特性(発想力、演出力、表現力など)、さらに自己に備わった素晴らしい感性を加え独自性のある絵本づくりを目指します。