講座内容

創作絵本を求めて、シナリオ作り(絵本研究)に始まり、絵つけ(イメージスケッチ→キャラクター表現→本画)を考察し、製本、読み聞かせと、「絵本」に関するトータルな知識・表現技術を学びます

前期 絵本または絵本作家研究(絵本考現学)
国内外の絵本史の学習を経て絵本に隠された意味(メッセージ)を考察し、骨格となることを学習する、絵本を自己実現するための「絵本の考えかた」の習得
中期 絵本を作るための造形的諸要素の学習(基礎表現)
周辺学習としてドローイングと表現技法、キャラクターデザイン、色彩・レイアウト等々の研究、ポートフォリオを用いたプレゼンテーション
後期 総合表現(修了制作に向けて)
サムネールスケッチ~シナリオづくり
登場するキャラクターの役割、総合的な図像表現方法等、製本

スケジュール

授 講 日 第2、第3、第4土曜日
授講時間 13時~15時
期  間 2017年5月から1年間 全30講座

 

生徒となられる皆様が、よりよく絵本を学習して頂くために、年間を通して、講師:青木正夫による各自の個性を伸ばす指導が行なわれます。そのため、受講日以外の学習方法に、自宅学習用の課題等もご用意しております。

通信コース

通信コースでは、オリジナルテキスト「絵本の考え方と表現方法」にそって学習を進めていきます。また、講義を取りまとめたレポート等を定期的にお送りしますので、自宅にいながら授業に参加することができます。何よりも、提出頂いた課題は講師:青木正夫自ら、各自に沿った丁寧な添削指導を致しますので、マンツーマンと同様となります。

通学生と同レベルで学習するために

都度の授業に於ける配布プリント、講義内容レポート等の資料をお渡し致します。
ほぼ毎回課題が出され、提出頂いた課題に対して講師が添削指導を丁寧に講評致します。
スクール運営事務担当が、あなたと講師との間をサポート致します。
授業に参加できる時は積極的にお越しください。※1

※1 ただし、月の半数以上の出席は通学扱いとなります。

課題の提出方法

課題提出用の専用封筒をお渡し致しますので、それに入れて当校宛てに送付願います。課題の郵送費は各自負担となります。課題返却の郵送費は受講料に含まれています。