絵本ロゴ

絵本紹介コーナー

おすすめ絵本や童話を紹介
しています。

ホームに戻る

『るいちゃんのけっこんしき どもっても つたえたいこと』(学苑社)
 作・きだにやすのり 絵・木谷アンケン

 

るいちゃんのけっこんしき

あやちゃんは人前で話すことができない。なんども言葉がつっかえてしまうから。親友のるいちゃんにも、想いを上手に伝えられない。そんなるいちゃんが結婚することになって、あやちゃんはどうしても伝えたいことが・・・。

「どもっていたって、ちゃんと伝わるよ」吃音のある女の子の実話をもとにした、勇気と友情の絵本です。

読み終えたあと、あたたかい、やさしい気持ちになりました。ぜひ多くの方に読んでもらいたい一冊です。

『母さんの子守唄』(銀の鈴社)
 作・しみずきょうこ 絵・あびるとしこ

 

母さんの子守唄

少女たちの揺れ動く心をていねいに描いた、3編の短編童話集です。

「ひとつぶのギンナン」 春香は一年生です。大通りだってひとりでわたっていいのです。 一番きれいな、あのイチョウの木の下で遊びたくてしかたありません。でも・・・。

「美咲、十二歳」 なんで中学校には制服なんかがあるんだろう。ブレザーの下がジャンパースカートだなんて。ううん、ありえない。 ショートカットにジーパン姿の美咲、十二歳!

「母さんの子守歌」 どんなに疲れているときでも、母さんは毎晩、舞子と洋太を寝かせるために、子守歌を歌うことだけは欠かせなかった。 「綾チャン、ちょっとおねがい・・・」母さんはいつもわたしにばかり。お姉さんなんて、つまんない。そして・・・

『えだまめきょうだい』(アリス館 )
 文・苅田澄子  絵・わたなべあや

 

えだまめきょうだい

海の真ん中「ぷちぷちじま」に住む「えだまめきょうだい」たちは、このまま島で暮らしていると大豆になってしまうと聞いてびっくり。「たびに でようぷち!」と自分たちのユートピアを探す旅に出ます。

食品、調理器具が海の生き物たちと可愛らしくコラボした、ユーモア溢れる食育絵本です。

 

『たまこおばあちゃん たびにでる』(偕成社)
 作・ませぎ りえこ

 

たまこおばあちゃん たびにでる

デビュー作「だるまのしゅぎょう」(偕成社)で生命力と躍動感にあふれる絵とストーリーで楽しませてくれた作者の、待望の第2弾です。

たまこおばあちゃんの初めての外国旅行。楽しみにしていたオペラのチケットをなくしてしまい、がっかりするおばあちゃんに、やさしく声をかけてくれる人が。ブドウ畑でのサプライズ、最高のオペラが待っていました。読めば誰でも元気になれる、おすすめの絵本です。

『も・や・し~!』(ひかりのくに)
 さく・わたなべ あや

 

もやし~

とうもろこしちゃん、きゃべつちゃん、もやしくんたちは、電車に乗っておでかけ。みんなはうれしくて大はしゃぎ。でも、ちょっとはしゃすぎ? 
やさいたちのかわいいキャラクターと、ことばに注目。読み聞かせに最適です。

 

『ないちゃったまねぎ』(ひかりのくに)
 さく・わたなべ あや

 

ないちゃったまねぎ

ママとお買い物に出かけた、たまねぎくん。あれあれ、ないちゃったまねぎ。さあ、みんなどうする。
やさいたちの、ほんわかあたたまるお話です。

『レッツゴー おべんとう』(白泉社)
作・わたなべ あや

 

レッツゴー おべんとう レッツゴー おべんとう

Kodomoe 10月号ふろくえほんが、待望の絵本になりました。

 

おにぎりさんに、たまごさん、やさいさん、フルーツさん。みんなで遊園地にやってきた。いろいろな乗り物にのって、レッツゴー。
おべんとうが楽しくなる絵本です。

『左見て右見て、左見て』(増進会出版社)
絵と文・田中ゆき 

 

左見て右見て、左見て

オランダの水辺に暮らす母さんアヒル。そのひたむきな子育て物語を石版画で描いています。
ボローニャ国際絵本原画展入選作品収録。

定価 2000円+税

 

『クロのパン屋さん』
絵と文・田中ゆき 

 

クロのパン屋さん

リトグラフによる絵本。
定価 2000円+税

 

取り扱い書店

鎌倉 たらば書房、長谷松林堂、syoca
町田市立国際版画美術館内 喫茶「けやき」

『ショコラくんのおこさまランチ』(教育画劇)
作・きだにやすのり 絵・わたなべあや

 

ショコラくんのおこさまランチ

コアラのショコラくんは、家族みんなでレストランに出かけました。ところが、お目当てのおこさまランチは1つしか残っていなくて、妹のホイップちゃんにゆずることに。そんなやさしいショコラくんのために、食べ物たちは自らの意思で、ハンバーグソースをつくりはじめます。

文章を書かれた きだにやすのりさんは、わたなべあやさんのご主人。アートとコミュニケーションをテーマにユニークな美術教育を行っている方です。

わたなべあやさんの魅力的な、ほのぼのキャラクターと、きだにやすのりさんの人を愛するあたたかい文章に、ひきこまれて夢中になって読んでしまいました。何度も読みかえしたくなる絵本です。

『かたづけやさーい 』『ありがとまと』(ひかりのくに)
作・わたなべ あや

 

おやさいせいかつえほん

おやさいせいかつえほん

片づけは、面倒くさくて、イヤなもの。でも、これを読めば、きっと自分から片づけをしたくなること請け合いです。楽しく、おもしろく、お部屋をきれいにしちゃいましょう。
みんなのヒーロー、トマトマンが、困った野菜たちを助けてくれます。でも、最後はみんながトマトマンに恩返し。ありがとうの気持ちが自然とつたわってきます。大人も癒される絵本です。

『しろくまさんがひっこしてきた』(星雲社)
作・さくらい かおり

 

しろくまさんがひっこしてきた

北極にひっこしてきた、しろくまママと、こぐまの親子の物語。北極に住む動物たちがたくさん登場してきて、楽しませてくれます。読み終わったあとは、ほっこり温かくなっている、そんな素敵な絵本です。

『おせちダジャレンジャー』(ひかりのくに)
作・林 木林 / 絵・わたなべ あや

 

おせちダジャレンジャーり

おにVS.おせちダジャレンジャー!! おせちをめぐる攻防の、はちゃめちゃナンセンス絵本。笑い転げて読み進めていくうちに、いつの間にかおせちたちの世界に惹きこまれていきます。おせちにも詳しくなれます。

『パノラまち博覧会~メカ総進撃のまき~』
さかもとすみよ さん・作

 

パノラまち博覧会

メカと動物が合体した、不思議で楽しくてワクワクするキャラクターがいっぱいです。

『おやさいせいかつえほん プレゼントBOX(3冊セット) 』(ひかりのくに)
作・わたなべ あや

 

おやさいせいかつえほん

おやさいせいかつえほん

おやさいせいかつえほん

「すっぽん ぽーん」「おやすみやさい」「ごめんやさい」の3冊セット。
野菜たちがとてもかわいい絵本です。大人も癒されちゃいます。

『だれもしらないバクさん ぶーちゃんのもやもや 』(絵本塾出版)
作・まつざわ ありさ

 

だれもしらないバクさん

「だれもしらないバクさん」シリーズ第2段。どんなこわいゆめでも食べちゃうというバクさんが、またまた活躍します。

『だるまのしゅぎょう』(偕成社)
作・ませぎ りえこ

 

だるまのしゅぎょう

だるままつりで、友だちとけんか。いつのまにか、だるまの世界にひきこまれていく、さくらちゃん。
だるまの迫力がすごい。おもわずぷっと笑ってしまうところもあり、とにかく楽しめます。